【東京23区】お散歩日記

東京23区の公共施設や公園などの生活情報やランチ情報を中心に、定番から穴場まで各エリアのスポットをレポートします!

【杉並区】煮干系醤油ラーメンの総本山!名実ともに東京を代表する名店@永福町大勝軒5

“大勝軒”っていえば「つけ麺でしょ」とか「東池袋じゃなかったっけ?」や、
「腕組しているおじさん(山岸一雄氏)のお店?」という方もいらっしゃると思いますが、
今回はそちらの『東池袋大勝軒』ではなくて、
煮干系醤油ラーメンの総本山である『永福町大勝軒』をご紹介したいと思います。

永福町大勝軒1

『永福町大勝軒』はそれこそ頻繁にメディアにとりあげれらることはないですが、
“つけ麺”といえば『東池袋大勝軒』というように、
“煮干スープ”といえば『永福町大勝軒』といったような、
煮干系醤油ラーメンの象徴のようなお店です。

また、後進の育成に力を入れていることも有名で、
のれん分けのお店やこちらのお店で修行された方が開店したお店が各地にあります。
さらにはそれらのお店から派生していったお店なんてそれこそ沢山!
その辺を考慮すると『永福町大勝軒』の影響力がどのくらいすごいかが想像できますね!

永福町大勝軒3

永福町大勝軒2

場所は永福町北口の交差点を渡ったところにあります。
休日ともなれば行列が出来るような人気店なので、すぐ分かると思います。
わたしが訪れた日は平日でしかも少し遅めの時間帯でしたのですんなり入店できました。

メニューはシンプル。
中華麺(1080円)、チャーシュー麺(1290円)と
生たまごやメンマのトッピングくらいです。

永福町大勝軒4

風味豊かな豚骨煮干しスープは、
スープ表面のラードがフタの代わりになっているので、
最後まであつあつで食べられます!

麺は永福町系大勝軒グループ御用達の製麺所「草村商店」のもので、
煮干スープと相性抜群のもちっり麺。
通常で2玉とかなり量が多めです。
食べ終わったらもうお腹いっぱいです!

お店にあった冊子には
素材選びや加工方法などは日々研究をして、
今もなお進化し続けているとありました。
これこそが人気店であり続けられる所以ですね。

ごちそうさまでした。

ウォーターメロンマン

永福町大勝軒
東京都杉並区和泉3-5-3


【千代田区】記録に挑戦?旬の食材を揚げたてで頂く串揚げ@新宿立吉 秋葉原店5

以前は世界有数の電気街として知られていましたが、今はサブカルチャーの発信地でもある秋葉原。
今回はそんな秋葉原の串揚げ屋さん「新宿 立吉」に行ってきました!
新宿立吉 秋葉原店|外観
こちらのお店は、秋葉原の駅前にそびえ立つ新名所「秋葉原UDX」の3階にあります。
秋葉原の他には新宿と浦和にもお店があります。どちらのお見せも「行必至列」のお店で、今回も1時間程行列に並びお見せに入れました。
新宿立吉 秋葉原店|カウンター

季節に応じた旬の食材を目の前で揚げてくれるのですが、その種類はなんと年間100種類以上!!
お値段はどれも一本170円で、1本ずつ頼む事もできますが「お任せ」スタイルが基本になります。
お任せの場合は、食べるスピードに合わせて次の串を揚げてくれます。
オススメ・旬の食材を頂けるので、初めての方はお任せでオススメです。
新宿立吉 秋葉原店|お料理1 新宿立吉 秋葉原店|お料理2 新宿立吉 秋葉原店|お料理3 新宿立吉 秋葉原店|お料理4 新宿立吉 秋葉原店|お料理5 新宿立吉 秋葉原店|お料理6 新宿立吉 秋葉原店|お料理7 新宿立吉 秋葉原店|お料理8
それぞれ、出して頂く時に「ソースで」「レモンで」などおすすめの食べ方を教えてもらえます。
「串揚げ」というと、「カツ」などのお肉、魚、野菜のイメージですが、ローストビーフ、カマンベールチーズ、生湯葉、たこ焼きなど「そんなものも?」というものもあり、あともう一本と思いながらついつい食べ過ぎてしまいました。
新宿立吉 秋葉原店|デザート

最後はさっぱりデパートで食べ納めです♪
やっとの事で20本を食べたのですが、レジの近くに"串揚げ番付控"が並んでいるのですが…100本という猛者も…。
まだまだ食べられなかった串があるので、またチャレンジしに行きたいと思います!

♪tomo


新宿立吉 秋葉原店/しんじゅくたつきち あきはばらてん
千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDXビル アキバ・イチ3F

QRコード
QRコード
RSSを登録して、更新情報を自動チェック!
Subscribe with livedoor Reader
  • ライブドアブログ