稲荷町界隈の飲食店は都心に多いカフェ的なお店よりも、しっかり食事を頂くようなご飯屋さんの方が多め

ランチタイムには、ほぼ1000円以下でボリューム満点のお得なメニューのお店ばかりです

定食の場合はだいたい700〜900円、
テイクアウトのお弁当やイートインのお蕎麦屋さんでは400円〜ランチが頂けるという料金設定
ランチ外観
今回は店頭に行列が出来ていた、中国雲南料理「過橋米線」でランチしました

イートインができる中華屋さんですが店頭ではお得なお弁当が販売されていて、行列の本はこちらのよう

店内には待たずに入る事ができました



雲南料理とは中国の西南部に位置する、年中春のような天候の「雲南省」の料理です
恵まれた環境の雲南省は“植物王国”、“香料王国”、“薬草の故郷”、“キノコの故郷”などと呼ばれているそうです

ランチメニュー2雲南料理の名物は、店名にもなっている「米線」という米からできた麺。

米からできた麺ですが、ビーフンとは少し違い、コシがなく、生の麺なんだとか

ランチメニューは「米線」だけでも10種類くらいあり豊富ですが、それ以外の定食メニューも充実しています


ランチメニューマーボー豆腐や海老チリ、チャーハン、酢豚、焼ソバなどなど、バラエティ豊か

そして全ての定食メニューにはサラダ・ザーサイ・ライス(おかわり無料!)・デザートがつくというお得さ

「米線」に惹かれつつ、店内では定食を頼んでいるお客さんの方が多めだったのでわたしも日替わり定食に



この日の日替わり定食は、寒い日にピッタリの「モツ煮」
日替わりランチ


ザーサイ、キャベツのサラダと玉子スープ、
サイドメニュ


デザートはココナッツミルクがセットになってます
デザート


メインのモツ煮は想像以上にボリューム満点
モツ煮具がゴロゴロ入ってます

ややスパイシーな味付けでモツと豆腐がしっかり煮込まれています

ごはんに合う合う

このセット内容でお値段750円でした
安ーい

こちらのお店は、他にも日暮里や秋葉原にも店舗があるようです

寒い冬にこそ食べたい、スタミナが付きそうなランチセット
ごちそうさまでした

「過橋米線 上野店」
東京都台東区元浅草1-20-5工藤ビル 1F
03-5830-3100
営業時間
AM11:30〜PM2:30
PM5:00〜PM12:00